Ubuntu 9.10および10.04AMD64版)にAtokx3のインストール。

Ubutu9.10と10.04の64bit版にAtokx3をインストールした。
以下は,http://am112705.blog.so-net.ne.jp/2009-11-13 の再掲(修正点含む)である。

まず、Atokx332bitアプリなので、そのwraper等が必要となる。
デフォルトの状態から、ここ参考にして実行してみても起動できなかったとのこと。

http://yamashita.dyndns.org/blog/atok-x3-ubuntu-hardy-x86_64/

まず、32bitのライブラリ群をインストールする必要がある。
$ sudo atp-get install ia32-libs
$ sudo apt-get install ia32-libs
以下はほぼ同じだが、情報がやや古いので更新しておく。
1. ATOKx3
のインストール
atokx3.tar.gz
を適当なディレクトリにコピーし,展開する。
$ tar xzvf atokx3.tar.gz
$ cd ATOKX3
$ sudo -s
# export LANG=C
# touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodules
# bash ./setupatok_tar.sh
This software is furnished under an end user agreement and may be used
or copied only in accordance with the terms of such license.
If you accept the terms of the license agreement,Please select "Yes".
If you do not accept the terms of the license agreement,Please select "No".
? (yes/no)yes
Input path of gtk-query-immodules-2.0 for 64bit application:
/usr/bin/gtk-query-immodules-2.0
Input path of gtk.immodules for 64bit application:
/etc/gtk-2.0/gtk.immodules

"/etc/gtk-2.0/gtk.immodules" will be changed.
"/etc/gtk-2.0/gtk.immodules" will be changed.
tar xfz /home/hide/Download/ATOKX3/bin/tarball/ATOK/atokx-20.0-1.0.0.i386.tar.gz
tar xfz /home/hide/Download/ATOKX3/bin/tarball/ATOK/atokx-64-20.0-1.0.0.x86_64.tar.gz
Installation has been completed.

2. 32bit
ライブラリのインストール
# cd bin/tarball/IIIMF
# tar xzvf iiimf-client-lib-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz
# tar xzvf iiimf-protocol-lib-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz
# mv ./usr/lib/* /usr/lib32/

3. libwrap0
インストール
# wget http://ftp.ussg.iu.edu/linux/ubuntu/pool/main/t/tcp-wrappers/libwrap0_7.6.q-18_i386.deb
# dpkg --fsys-tarfile libwrap0_7.6.dbs-14_i386.deb | tar xf -
# dpkg --fsys-tarfile libwrap0_7.6.q-18_i386.deb | tar xf -
# mv ./lib/libwrap.so.0* /usr/lib32/
# /sbin/ldconfig

4.
アップデートモジュールの適用
# tar xzvf atokx3up2.tar.gz
# cd atokx3up2/bin/ATOK/
# tar xzvf atokxup-20.0-3.0.0.i386.tar.gz -C /
# cd ../IIIMF/
# tar xzvf iiimf-server-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz --exclude='./usr/lib' -C /
# tar xzvf iiimf-server-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz ./usr/lib
# mv ./usr/lib/* /usr/lib32/

5.ATOK X3 for Linux Ubuntu 9.04(GTK+ 2.16)
対応モジュールのインストール
モジュール(atokx3gtk216.tar.gz)をダウンロードする。
 http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=044668

root権限で実行するコマンドを、sudoで実行できるユーザー」でログイン
/ (
ルートディレクトリ)へ移動。
$ cd /
ダウンロードしたファイルを/tmp/atokx3にコピーして展開
$ sudo tar xzf /tmp/atokx3/atokx3gtk216.tar.gz

6.
起動設定
# sudo bash /opt/atokx3/sample/setting_debian4.sh
ログアウト,ログインする。

7.
ユーザー辞書の登録
windows
atokユーザ辞書をubuntu用に登録する。
Atok
の辞書ユーティリティーを使う
 
(1)windows
atokユーザー辞書から登録した単語の単語のファイルを作る。
「辞書メンテナンス」>「辞書ユーティリテイー」>「一覧出力」を使う。
 Atok辞書:標準辞書セット
 出力ファイル名: atoku1.txt (名前は何でもよい)
 unicodeで出力のチェックボタンははずす。Shift-JISで出力される。
 ここまでは,windowsマシンですませておく。
 
(2)
単語ファイルからubuntu用の辞書ファイルに登録した単語を追加する。
ここから、ubuntuマシンでの作業となる。
エディター(何でもよい)を立ち上げて,atokを起動する。これをしないと,atokのメニューが使用できない。

「辞書メンテナンス」>「辞書ユーティリテイー」>「一括処理」
 ATOK辞書:ユーザー辞書(atok20u1.doc)
 
単語ファイル:atoku1.txt
 
単語ファイルの文字コード:Shift-Jisを追加し、その後にShift-JISを選ぶ。
 
出力ファイル:登録できなかった単語の表示用なのでファイル名は何でもよい。例:a.txt
 「登録」ボタンをおす。
 

2010/05/04