windows上でubuntuを使う

VMware Player編

Dual bootでwindowsとubuntuを使うと再起動が伴うので両方のOSを頻繁に使うときには不便である。
また,ちょっとubuntuを試して見たい人には,dual bootの設定は難しい。

そこでここでは,windows上の仮想環境でubuntuを使う方法を記載する。
設定方法は下記のURLに丁寧に書かれているが,いつ消去されるか分からないので転載し,適当に修正・加筆した。

HPを公開された田村先生に感謝致します。
VMware PlayerでUbuntu Linux

ホストOS:windows XP SP3,ゲストOS:ubuntu8.04 Vmware用
使用Vmware:VMware Player3.0.1

インストールの際は,有線のlanを繋いでおく。

1.VMwareのインストール

2. ubuntuのインストール

3. VMware toolsのインストール

4. ubuntuの設定

5. ファイル共有

windows <-> ubuntu間のファイルのやりとりは,マウスのドラッグ・アンド・ドロップでできるが,両方のOSからアクセスできるフォルダーを作っておくと便利である。
VMwareのファイル共有機能とsambaによる方法を使う2通りの方法がある。

5.1 VMwareによるファイル共有

(1)VMwareでの設定

(2)ubuntuでの設定

5.2 sambaによる共有

設定が不安定でなるべく使わない方がよい。

(1)ubuntuからの設定

(2)windowsからの設定

VirtualBox編

1. VirtualBoxのインストール

2. Ubuntuのインストール

3. VirtualBoxの起動とubuntuの設定

4. 共有フォルダの設定