maximaの利用

たわみ角法における節点方程式・層方程式を解く

例題の問1

たわみ角法の節点角,部材角を求めるためのに用いる節点方程式,層方程式は連立1次方程式になる。
これをmaximaで解く

(%i数値)はキーボードからの入力
(%o数値)は画面出力

節点方程式の代入
式の代入は:(コロン)を使う。
式の最後には ;(セミコロン)を入れる。 wxMaximaではいらない。
式の確定(計算)には,[cntl]+[Enter]を押す。 wxMaximaのみ。

6ψb + 2ψc + φ-64/9 を eq1 に代入

以降,
 ψb → fb
 ψc → fc
 φ → f
 と標記する。

(%i1) eq1:6*fb+2*fc+f-64/9;
Result

2ψb + 6ψc + φ+ 32/9 を eq2 に代入

(%i2) eq2:2*fb+6*fc+f+32/9;
Result

層方程式の代入

3ψb + 3ψc +4φ を eq3 に代入

(%i3) eq3:3*fb+3*fc+4*f;
Result

方程式の解を変数に代入する命令

(%i4) globalsolve:true;
Result

3元連立1次方程式の解を求める

(%i5) solve([eq1=0,eq2=0,eq3=0],[fb,fc,f]);
Result

=0 は省略できる。

solveの使い方
solve([連立1次方程式を列記する],[解きたい変数を列記する])

解はそれぞれ fb, fc ,f に代入されているので,モーメントは以下のように求まる。
なお,globalsolve:true; を事前に入力しないと,変数に解は代入されない。

モーメントを求める

(%i6) mab=fb+f;
Result

= (イコール)を使うと計算はするが,結果を覚えていない。

(%i7) mab;
Result

計算結果を変数に代入させるには :(コロン)を用いる。

(%i8) mab:fb+f;
Result

実数表示をする

(%i9) float(mab);
Result

計算と実数表示を同時にする。

(%i10) mba:float(2*fb+f);
Result

以下,同様に計算する。

(%i11) mbc:float(4*fb+2*fc-64/9);
Result


Created with wxMaxima.