田守伸一郎

職名;所属
学位
主要担当授業科目

研究分野
建築学科,教授
工学博士
建築構造設計,建築地盤工学,建築構造力学第2・同演習,建築構造材料実験,
建築構造設計学U,建築構造設計学演習,建築構造設計学実験,建築構造設計インターンシップ
建築構造学,地震・耐震工学

略歴 
1979年横浜国立大学工学部建築学科卒業;1981年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了;1985年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了
1985年信州大学助手;1989年助教授;2007年准教授;2017年教授 

研究の概要 建物の耐震安全性,建物と地盤の振動に関することを主に研究しています。

(1)常時微動測定による地盤構造の推定
(2)盆地構造の地震動の性質に関する研究
(3)地震災害予測システムの開発
(4)ヒューリスティックによる最適構造設計システムの開発
(5)個別要素法を用いた地震応答解析プログラムの開発
(6)地盤と建物の動的相互作用に関する研究

最近の著書,論文等 

所属学会 日本建築学会,地震学会,地盤工学会

社会活動

過去の活動

その他

信州大学工学部ベストティーチャー賞(H20H22H23H24)


講義資料のページ